ブログ

用途変更②

用途変更で一番ウルサク書類を求められるのが
「消防用設備」および「防災設備」の部分です。
書類の作成手間のみならず出費がかさむのもこの部分。

消防用設備」とは、消防法で規定されているもので
◎消火器、スプリングクーラなどの消火設備
◎自動火災報知設備などの警報設備
◎避難はしご・誘導灯などの避難設備

防災設備」とは建築基準法に規定されているもので、
◎防火扉など排煙設備
◎非常用の照明装置、進入口灯・エレベータ
◎避雷設備

という風に大別されます。
ややこしいことにこの二つは関係法令が違うため、一応別々のもののようですが、一般的に建物の運用が始まると、防災設備として一括して管理されることが多いようです。
たしかに、ビル管理会社の方も設計士さんや設備やさんも、みな口を揃えて「防災設備」でひっくるめて表現してるような・・・。

さて、今回の用途変更において、消防・防災関連の書類として以下の図面が必要となっています。 (あくまで、うちの宿の場合です。宿によって、また地域によって必要とされる書類が異なります)

■自動火災報知設備
感知器を用いて火災により発生する熱や煙を自動的に検知し、受信機、ベルを鳴動させて建物内に報知することにより避難と初期消火活動を促す設備。略して自火報(じかほう)。
 
非常照明
停電時に予備電源で点灯する照明
電気の幹線引込み図
電気工事に伴い発生する、引き込み口から計測器を通って分電盤まで電力を運ぶ幹線工事の図面
避難口誘導灯
室内において非常口・避難通路を示す為の発光する標識。よく建物内で電光表示されている人間の絵のシンボルマークが書かれたもの。
換気図
居室の換気性能を示す書類

10月 30th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

用途変更①

今回の開業に伴って発生する手続きのまず大きな難関が、建物の「用途変更」に伴う「建築確認申請」です。申請先は、大阪市役所の建築指導課および、建築指導課が指定する民間の建築確認検査機関。
「用途変更」というのは、いったん適法にある用途の建物が他の用途に転用されることをいうもので、今回の私たちの建物においてはもともと ”オフィスビル” だったものを ”簡易宿泊所” への用途を変更する必要があります。

すべての宿の開業にこの用途変更が必要なのか、と言うと、そうではありません。宿として使用する面積が100平方メートルを超えるかどうかがその必要性の分かれ目です。
もしオーナーの住居兼宿というような場合は、その2つの明確な区切りを行った上で、宿スペースのみの広さがカウントされます。

さて、この手続きですが、なんと書類を提出してから確認申請が下りるのが1ヵ月半くらいかかるんです。
おまけに、このプロセスが終了せずに工事を着工することは出来ません。(!!!)

こういった手続きにかかる事前準備を十分にせず、建物の賃貸契約を先に行ってしまったりしたならば、家賃は発生するわ、役所であれやこれやと保留にされてタイムロスするわ、工事はできないわ、で、ストレスフルになること間違いなしっ!

しかも、これに関してはとても素人のスキルだけで申請できるものではありません。各種図面がもろもろ必要となるので、設計士さんや設備やさんと一緒に動く必要があります。

用途変更が必要ない場合に比べると、かなり家賃発生状態での「待ち」の時間が多いので、今後、用途変更申請を行う方はこのあたりのスケジューリングをうまくされることをおすすめいたします。(てか、やらなくてすむのに越したことはないです・・・)

つづく

※あくまで大阪市の場合なので、真剣に開業を考えておられる方はその地域の法律を確認してくださいね。 

10月 30th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

司馬遼太郎記念館

大阪府東大阪市に司馬遼太郎記念館があります。
なんとそれは自宅敷地に設立された博物館で、安藤忠雄氏が設計しています。
印象的なのはなんと言っても、高さ11mの大書架。
ファンのみならず、遠方からでも一度足を運んでみたい場所です。
 
1596544698
来たる11月から約7ヶ月間、司馬遼太郎さんの代表作のひとつ、若い世代にも愛読者が多い『坂の上の雲』に関する企画展が予定されています。
この本に登場する人物はどれだけの人数に上るのか、という登場人物に焦点をあて、記念館の展示場にすべての人物を書き込んだ縦4.5m、横2.8mの巨大タペストリー展示するそうです。
来年5月までの企画なので、関西にご旅行の機会があれば、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
 
「登場するすべての人物から『坂の上の雲』を観る」展
2010年11月2日(火)~2011年5月29日(日)まで
http://www.shibazaidan.or.jp/05kikakuten/index.html
 

司馬遼太郎記念館

住所 大阪府東大阪市下小坂3
利用時間 午前10時~午後5時
定休日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日が休館)他
料金 大人・大学生500円/高・中学生300円
小学生200円
アクセス 近鉄奈良線『八戸ノ里』駅

10月 30th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Expo ’70 Commemorative Park

cc60f3e8

The Expo ’70 Commemorative Park was established on the site of the Japan World Exposition 1970.

These expansive park grounds are filled with must-see places. Natural Culture Park (green trees and flowers, traditional Japanese garden and a beautiful pond),
Also, there are various cultural facilities(National museum of Ethnology, The Japan Folk Crafts Museum, The Japan folk crafts museum, the EXPO ’70 Pavilion…) 

And the Tower of the Sun(the symbol of the Expo) was created by the artist Taro Okamoto.
You can’t miss seeing this! 

On weekends, a big flea market, various festivals and events are held.

Expo ’70 Commemorative Park

Address 〒565-0826 Senri EXPO Park, Suita City, Osaka Pref.
Open hours 9:30-17:00 (Last admission: 16:30)
Holiday Wed. (unless national holiday, when closed the following day), year-end and New Year holidays
Fee Natural culture garden / Japanese garden (common) / adult 250 yen, primary and secondary student 70 yen
Transportation Short walk from Bampaku Kinen-koen Sta. on the Osaka Monorail
 

10月 18th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Ikuno Korean Town

b80a5f7b

Between JR Tsuruhashi and Momodani Stations, there are so many Korean food stores (selling Korean pickles, Korean-style pancakes etc.), Korean restaurants and ethnic clothing stores.

Here is well-known for the large number of Zainichi Korean living there. Many families from Korea have lived in the Tsuruhashi district for three generations or more. 

The market district becomes the arcade, filled with many Korean supermarkets, shops. (most are closed at 16:00)

Miyuki-dori(600 meter-long shopping street ), a 15-minute-walk from Tsuruhashi Station, visitors can feel as if they are actually in South Korea. The signs of the restaurants are written with the Hangul alphabet. 

Ikuno Korean Town 

Address 〒530-0005 4-2-1 Nakanoshima,Kita-ku,OsakaCity
Transportation Tsuruhashi Sta. on the JR Osaka Loop Line, Kintetsu Line or Subway Sennichimae Line.
 

10月 17th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Shinsaibashi, America-mura

c0d65a17

Since the 1970s, America-Mura (America Village) has been a center of youth culture in Osaka. This shopping district is considered Osaka’s counterpart to Harajyuku or Shibuya, Tokyo.

With more than 2500 shops, you can find almost everything from something cheap such as small accessories, casual clothing, and secondhand items to something very expensive such as vintage clothes. 

The Sankaku-koen (Triangle Park) is located at the center of this area.
On weekend, you can also come and enjoy some live music, street performances, and flea market. 
 
America-mura (America Village)

Address 〒542-0086 Nishisinsaibashi,Chuo-ku,OsakaCity
 

 Good spots nearby BIG STEPShinsaibashi PARCO,
SHOCHIKU, minatomachi river place, OCAT

10月 16th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Osaka Science Museum

74450c73

The Osaka Science Museum is located on Nakanoshima Island directly adjacent to the National Museum of Art Osaka.
Its theme is “The Universe and Energy”. 
There is a live science show with science demonstrations and a planetarium.

The planetarium is equipped with a high-performance projector that can project 28,000 stars on one of the world’s largest dome screens (with a diameter of 26.5 meters).  Also the comfortable reclining seats are very popular with visiters.

Opened in 1989, the museum was constructed to mark the 100th anniversary of Osaka City. The construction was funded through a 6.5 billion yen donation toward building costs from Kansai Electric.

The Osaka Science Museum

Address 〒530-0005 4-2-1 Nakanoshima,Kita-ku,OsakaCity
Open hours 9:30-17:00(last admission 16:30)
Holiday Mondays (Tuesdays when Monday falls on a national holiday)
Fee Adults: 400yen,
University students, High school students: 300yen
Planetarium: Adults: 600yen, 
University students, High school students: 450yen 
Transportation Watanabebashi Station (Exit 2) on the  Keihan Nakanoshima Line.
 Higobashi Station (Exit 3) on the  Yotsubashi Subway Line.
 Fukushima Station on the JR Loop Line   

10月 16th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

WTC Cosmo Tower

223ab04e (1)

The highest tower in western Japan, World Trade Center (Cosmo Tower) is a located on the shores of Osaka Bay,
affords visiters a breathtaking 360-degree panoramic view of Osaka City and the surrounding area.

On a clear day Awaji island, Akashi Kaikyo Bridge and Kansai Airport are visible!

After the beautiful and exciting sunset, you can enjoy the lovely night view with the millions of lights of the town!

WTC Cosmo Tower

Address 〒559-0034 1-14-16 Nankokita,Suminoe-ku,OsakaCity
Open hours Weekday:13:00-22:00(last admission 21:30)
Sat,Sun & Holiday:11:00~22:00
Holiday Open year-round
Fee 800 yen,junior high school students 400yen,
primary school students 200 yen
Transportation 3 mins walk from Trade Center-mae Station
on OTS New Tram Technoport Line(Nanko Port Town line)

 

10月 15th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)

パークの楽しさは夢でできている!
IMG_2352_1-7b9e7

世界最高峰のエンターテインメントを集めたテーマパーク。
異なる表情を持つ9つのエリアは、ハリウッドの超大作映画をテーマにしたライドや人気キャラクターたちのショー、ブロードウェイ・ミュージカルの特別版など、子どもから大人まで楽しめる、感動がいっぱいの別世界。

梅田や難波からもアクセスよく(JRで30分以内)、また大阪伊丹空港や関西国際空港、神戸市内など近在都市からの直通バスや、関東・東海・中国・四国地方からの長距離高速バスがあり、旅行者にも大変便利なアクセス。

また、ゴールデンウィークや夏休みなどの多客期には、ユニバーサルシティ駅を始終着とする特急「ユニバーサルエクスプレス」が運転される。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

住所 〒554-0031 大阪市此花区桜島2-1-33
利用時間 シーズンにより変動
定休日 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金 スタジオ・パス 
大人 6,100円(12歳以上/中学生以上)
子ども 4,100円(4~11歳/幼児・小学生)
アクセス JRゆめ咲線「ユニバーサルシティ駅」

周辺施設

ユニバーサル・シティウォーク大阪
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン前にある アメリカンテイストあふれるショッピング施設

10月 15th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

WTCコスモタワー展望台

1192-L

日本一の高さである地上252m、360度パノラマの景色が楽しめる展望台。ここからは大阪湾岸部、淡路島、明石海峡大橋、関西国際空港などが一望でき、とくに夜景がたいへん美しい。大阪市中心部より少し離れているが、デートコースにもぴったりです!

コスモタワー展望台

住所 〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-14-16
利用時間 平日13:00~22:00(最終入場21:30まで)
土・日・祝11:00~22:00
定休日 年中無休
料金 展望台:高校生以上800円、中学生400円、小学生200円
アクセス 南港ポートタウン線「トレードセンター前駅」

周辺施設

ATC(アジア太平洋トレードセンター)

10月 15th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff