ブログ

大阪のお土産

大阪のおみやげって・・・?
イメージがわかない方も多いですよね。
いえいえ、たくさんあるんですよ!

551蓬莱 豚まん
Phorai

「ゴーゴーイチの蓬莱」のCMが関西ではとってもおなじみの、豚まんです。1日に14万個売れるといい、創業以来ずっと店頭で1個1個手作りされています。「肉まん」ではなくて「豚まん」というのが大阪・蓬莱流ですので要注意!豚まんは、ジューシーかつボリューム満点です。


モンシュシュ 堂島ロール
monchouchou_cake01
いまや大阪みやげの代表格となっているのがモンシュシュの堂島ロール。堂島本店にはいつもお店の外に行列が出来ていますので、行列覚悟でどうぞ。向かいの堂島ホテルでもロールケーキは食べられます。

帝塚山ポアール(POIRE)
photo_shoplist_poire_01
大阪を代表する老舗洋菓子店です。本店や堂島店にはティールームが併設されていてカフェを愉しむこともできます。藤原紀香さんと陣内智則さんの結婚式の際にチョコ細工を作ったお店としても有名です。


地ビール 箕面(みのう)ビール

minohbeer箕面大滝や国定公園で有名な箕面市で生まれた地ビール。2010年、英国のビールコンテストのスタウト(黒ビール)部門で2年連続となる金賞を受賞しました。箕面ビールを扱うレストランやバーも多くありますのでぜひどうぞ。

りくろーおじさんの店 焼きたてチーズケーキcimg4788

「行列のできる店」として有名な、焼きたてチーズケーキのお店です。大阪市内に7店舗ほど支店があります。中にレーズンが入りふわふわと柔らかく、上品控えめな甘さがおいしいチーズケーキで、一度味わうとやみつきになります。なんと言っても値段が安くて気軽にお土産を買えてしまいますね!

北極のアイスキャンデー なんば戎橋筋images

昭和20年(創業の手作りアイスキャンデーのお店です。懐かしいレトロなパッケージと9種類もの味。大阪では大人数集まる時などのお土産の定番。
ミナミへ行った際には、戎橋筋商店街の北極 難波本店へ。

和菓子の老舗 鶴屋八幡
鶴屋八幡
創業文久3年(1863年)。大阪を代表する老舗和菓子です。銘菓「此の花」は、小倉生地を、しっとりとした村雨の生地で挟み込んだもので、人気です。本店には喫茶も併設されています。


御菓子司 塩五 村雨本舗
<村雨本舗安政元年(1854年)創業、「村雨」という小豆の蒸し菓子が名物の和菓子の老舗店です。「村雨」はホロホロとくずれそうな手触りなのに、噛むとモチモチしていて、やがて口の中で溶けてしまうという食感が特徴的です。

菊寿堂義信(きくじゅどうよしのぶ)

菊寿堂義信江戸時代、天保年間創業、今も代々伝わる和菓子を伝統の製法で作り続ける老舗和菓子屋。知らない人は通り過ぎてしまうような民家のような店構え。けれど多くの常連さんたちが途切れない名店。梅干は午前中には売り切れてしまうほどの人気。大福も大人気です。 

 

創業嘉永元年 御昆布司 小倉屋山本

小倉屋山本

創業嘉永元年(1848年)の老舗昆布司です。塩ふき昆布の「えびすめ」はまさに絶品です。 

 

味噌の老舗 米忠味噌米忠味噌
大阪で味噌といえば、米忠味噌。上方料理のベースとなったダシ文化を今なお大切にしている老舗です。梅田阪神百貨店、阿倍野近鉄百貨店、そごう心斎橋本店などに直売店があります。 

寿酒造 國乃長

國乃長

文政5年(1822年)創醸。500年以上の歴史を持つ富田酒の伝統を受け継ぐ清酒「國乃長(クニノチョー)」の醸造メーカーです。大阪で初めての地ビール「大阪国乃長ビール」の生産を行いました。予約制で蔵見学、試飲も可能です。 

太閤秀吉も愛した銘酒 天野酒天野酒

室町中期から戦国時代にかけて、「天野比類無シ」とか「美酒言語ニ絶ス」などと貴人・武人より高い評価を受けた僧坊酒「天野酒」。「天野酒」を愛飲した豊臣秀吉により“良酒つくりに専念するように”と下付された朱印状は、いまも金剛寺宝物館に展示・保存されています。

日本酒酒蔵 浪花正宗

浪花正宗モンドセレクションで金賞受賞した大吟醸「浪花正宗」。創業250年の歴史を誇る酒蔵は国の登録文化財にも指定されています。最近では関空から世界に輸出も始めめています。冬期には酒蔵の見学も可。

11月 10th, 2010 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff