ブログ

ユースホステルが好き

youth hostel

私はユースホステルが好きです。好きというか、ちょいあこがれ的な。

名前を聞くだけでわくわくする。すぐに泊まりに行きたくなる。
ユースホステルの利用者のことを「ホステラー」と呼ぶのですが
職業を聞かれたら時折、「ホステラー」と答えさせてもらってます。
なんというかあの、
ルールを守らねばって老若男女を思わせる雰囲気や
人々の間の独特の距離感(ゲストハウスや安宿とはどこか違うんですよね)
マイナスごとも「ユースだからしょうがないよね」と言ってもらえたり
「さっすがユースやなぁ」って言わせる何かが必ずあるところとか

どこに行ってもユース独特のにおいがある。始めてなのに帰ってきた感がすごい出る。
見本にしたいなぁと思うところがたくさんある。
いままでけっこうな数の宿に泊まってきたけど、特に思い出に残っている宿には
なぜかユースホステルが多い。
高校を卒業してすぐはじめてひとりで旅したときの1日目の宿は、モントリオールのユースホステルだった。朝食のとき料理担当のおばちゃんに「non! ジュースは1杯だけ!」と注意された。
アメリカを長距離列車で旅したときに泊まったサンタフェのユースホステルは、そこの快適さに抜け出せなくなった人々のように、私も思わず延泊した。いまでもここが私の best hostel ever。
その旅の終わりの方に泊まったデンバーのユースはなぜかとっても怖くて、こっそり夜中に抜け出して近くにあったYMCAに泊まった。
西安のユースホステルはかっこよかったなー バックパッカーが求めているものがすべて揃っていた。刺激を受けた。

最近泊まった長野の小布施町にある「おぶせユースホステル」 まわりは年輩の個人旅行者ばかりだったけど、みんな互いを思いやって場をシェアし、ほどよくお世話をしてくれるペアレント家族が愛される理由を納得。わざわざ行きたくなる宿。
なるほどなるほど。

年輩の女性がひとり旅に選ぶ宿。ドミトリーに泊まろうと思わせる宿。
ゲストハウスとホステル、ホステルとユースホステルの境界。
うまく融合しあえるような、ゆたかな宿文化になってほしいですね。

あぁ
TENをうっかりYH協会に入れてくれへんかなー。

いや、YHの基準をクリアしないとなれないんですけど。。。
今年こそ、会員カードを持ってバイクで日本を回りたい。
と考えてます。
おすすめのユースホステルあったらぜひ教えてください。

2月 25th, 2011 | 6) 全国の旅情報/ Traveling in Japan | posted by guesthouse_u-en _staff