ブログ

ぼんのフィリピン滞在記

私は、大学時代に、フィリピンの首都マニラで1年間交換留学生をしてました。
滞在期間中は、フィリピン国内を色々と旅行しました。

フィリピンの人々は、お笑い・ジョーク、音楽が大好き!といわれています。
ステキな笑顔に出会える国。フィリピンを紹介します。

【料理】

甘い!とにかく甘い!がまず特徴です。
他の東南アジアの国等に比べて、フィリピンではスパイスや辛味の聞いた料理が少ないです。現地の人は、辛いものが苦手な人も多いくらい。
おがずとたっぷりのご飯をワンプレートで頂くのがフィリピンの一般的なご飯の形です。多くの料理の味付けのベースが醤油と砂糖のため、日本人の口にも合いやすいかと思います。

“これは食べようベスト3”

 

「Sisig」・・・「見た目がsea sick(船酔いをして、気持ち悪くなった後の結果)のように見えるでしょ!シシグという料理だよ!」
と現地の友達に紹介されました。
これが、フィリピンジョークでは有名だそうです。
見た目はグロテスクですが、味は格別!ご飯にあいます。
豚の皮や肉等を細切れにして甘辛いたれでいためた物を、熱々の鉄板でいただく豪快な料理です。

 

 

 

「Adobo」・・・お肉をお酢で煮込んださっぱりとしていて甘辛いフィリピンの代表的家庭料理です。チキンやポーク、シーフードなど色んな味が楽しめます。こちらもご飯との愛唱ぴったり!

 

 

 

 

「Jolibeeのチキン&ライス」・・・フィリピンの国民的ファーストフードといえばJolibeeという現地のバーガーショップです。フィリピンはマクドナルドと同じぐらいJolibeeが有名です。そんなJolibeeでは、フライドチキンとライスのセットが不動の人気です。ご飯がバーガーのように紙で包まれて出てきます・・・!日本人にはちょっと意外な組み合わせですが、フィリピン人が愛する味にチャレンジしてみてください!

 

 

 

 

【お奨めの場所】
リゾート地のセブ島などは日本でも有名かと思います。

セブ島だけではなく、フィリピンは、7000個以上の島から出来ています。
そのため、きれいな海と自然はもちろん、島ごとに民族や文化も違って、見所がたくさんあります。

ここでは、私が旅した中で思い出に残った場所を3つ紹介します。
どの場所も、マニラから高速バスを乗り継いで行きます。
フィリピンの旅行でルートを決めるときは、やっぱり地球の歩き方が一番便利でした。細かなバスの乗り継ぎなども、地球の歩き方があれば大体大丈夫でした。

 

 

 

「サガダ」・・・鍾乳洞と満点の星が楽しめます。マニラからはバスを利用します。標高が高いので、夜は気温も下がり、涼しく過ごせます。フルーツなどが安い価格で沢山食べられます。
天気がよければ、掴めるほど近くに感じられる満点の星空に包まれます。
鍾乳洞は、2時間ほどのツアーで、ガイドが付いてくれます。アドベンチャーたっぷりです。

 

 

 

「バナウェ」・・・世界遺産の棚田と少数民族文化が感じられる場所。
「天国への階段」といわれる棚田がとにかくすばらしいです。
バナウェでも1日ガイドさんを雇うと宿から棚田の山のほうまで、現地のバイクタクシーで移動してくれて、山の中も案内してくれます。
棚田だけではなく、キレイな滝なども見ることが出来ます。
街にはたくさんのゲストハウスがあり、バルコニーから棚田が見える絶景ビューの宿も沢山あります。
伝統衣装を着た少数民族の人々や手作りの工芸品屋さんなども沢山あり、少数民族の文化に触れることもできます。

 

 

 

「ピナツボ火山」・・・最高の景色!近くには温泉もあります。
ピナツボ火山も現地のガイドさんにお願いして、案内してもらいます。
ツアーは早朝に始まり、ジープのようなかっこいい車に乗って、平野と日の出の景色を楽しみながら、山の中腹ポイントまで行きます。
中腹からは、ガイドさんの先導の下、登山をします。
道中では、きれいな川や東南アジアの植物を楽しむことが出来ます。
3時間ほどの登山なので、少し疲れますが、頂上について大きなカルデラ湖を見れば、疲れは必ず吹っ飛びます。
とにかく絶景です。湖の周りの静かな空間でお昼寝なんかもできちゃいます。
 

 

 

【気をつけること】

交通:現地では、乗り合いタクシーのジープニーという乗り物がたくさん通っています。乗ってみるのも楽しいと思いますが、行き先のみが決まっているだけで、ルートはさまざまで、駅もないため、乗りなれていないと目的地にたどり着くのがなかなか難しかったりします。
そのため、タクシーでも移動が便利です。(日本よりはかなり安いです)
現地のタクシーなどに乗る際は、特に注意が必要です。ぼったくりや事件等に巻き込まれないためにも、移動の際は個人タクシーに乗らない。メーターのないタクシーに乗らない。乗り込む前に値段交渉もかねて、運転手の様子を確認する等、事前に予防を心がける気持ちを忘れないようにしたほうがいいです

トイレと衛星:大体のトイレにトイレットペーパーがありません。持参しましょう。現地では、食事の前に手の消毒をするための小さな消毒液が売店等に打っています。現地の人も食事の前等使っている人が多かったです。簡単に手を清潔に出来るので、持ち歩くと良いと思います。

 

 

 

【両替情報】
都会であれば、両替所は沢山あるので、あまり困ることはありません。
しかしながら、外国人の強奪の被害等は、銀行や両替所からで出来た瞬間が一番危ないといわれています。
周囲を確認したり、なるべく一人では両替等に行かないようにしたほうがベターではあると思います。

3月 4th, 2013 | 5) 世界の旅情報/ Traveling around the world | posted by guesthouse_u-en _staff