ブログ

最近の由苑

こんにちは!4月から新しくスタッフになりました、じゅんや a.k.a Junior Japです。

最近の由苑について紹介したいと思います。
4月から1階にCafe 芥川珈琲&立ち飲みバル ティコ&日本文房社ができ、ゲストの方や一般のお客様がご来店してくださり盛り上がってます!!
芥川珈琲では美味しいコーヒー、ティコでは日本酒、世界のビール、美味しい料理、日本文房社ではおしゃれ雑貨が楽しめます。

ゲストの方も多数訪れるようになりすごく盛り上がっております。この建物が建ってから1世紀というだけあってか、暖かい雰囲気なのでぜひ足を運んでみてくださいね♪

22時以降はゲストハウスのお客様限定で1階カフェスペースをラウンジとして設けてます。そこではスタッフとゲストでパーティーなども行っています。

 
IMG_2413

 

夜は「ワールドキッチンティコ」

IMG_2417

 

 

火・水・金曜日限定のスパイスカレーランチ 30食限定です!

IMG_2416

 

8月 7th, 2016 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

お向かいさん

由苑の門を出て3歩で着くお向いさんの理髪店。まめに書き換えられている黒板のメッセージが、いつもナイスです。

This barber shop with a traditional feel is only a few steps away from U-En. They regularly update the messages on the small black board which are our enjoyment.

 

kanban

5月 13th, 2014 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Old days photo

由苑の建物は、昭和30年代から料亭だったのですが
その時代の貴重な写真を大家さんにおすそわけいただきました。
Valuable photo in old days! This U-En building was used to be a high-class Japanese restaurant since 1950s.
よかろ1 よかろ前の道 岩風呂 写真 004 写真
そして、この芸者さんたちが演じている場所は今のラウンジルーム!
And the lounge room…good old days!
写真: そして、この芸者さんたちが演じている場所は今のラウンジルーム! And the lounge room...good old days!
時代が変わっても長く愛される建物。大切に受け継いでいきたいと思っています**

5月 13th, 2014 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Bonne ballade!

Bonne ballade! 
自転車で楽しんでます。行ってらっしゃい!!
写真: Bonne ballade!  
自転車で楽しんでます。行ってらっしゃい!!

 

5月 13th, 2014 | 1) ゲストたち/ Guests, 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Good luck!

Merci pour votre venue et pour cette magnifique photo!
泊まってくれありがとう!この楽しい写真もありがとう!

 

写真: Merci pour votre venue et pour cette magnifique photo! 
泊まってくれありがとう!この楽しい写真もありがとう!

 

-Sebastien

 

5月 13th, 2014 | 1) ゲストたち/ Guests, 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

Guests from the Reunion island! レユニオン島からのゲスト

私の生まれた島からゲストが来ました。珍しいことですよね!レウニオン島はマダガスカルの近くに地位しています。
Y fai bien plaizir croize band dalon par ici mi esper na recroise un jour!

 

1922346_283104498516446_1394064999361627422_n   10258519_283104475183115_1275243983260080439_n

 

 

-Sebastien

5月 13th, 2014 | 1) ゲストたち/ Guests, 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

ソウルの旅

みなさん、アンニョンハセヨ!
スタッフのりょうこです。
今回は私が1年半住んでいた韓国・ソウルについて紹介したいと思います。

 

今は格安航空券等もあって簡単に手軽に行ける存在の韓国ソウル!
だからソウルには何回も行った事
あるわぁ~という方も多いでしょう。
今回はソウルにそろそろマンネリ化した人でも楽しめるような
ちょっと穴場なソウル”を紹介しながら2泊3日の旅のプランを組んでみたい思います。

 

まず、大事なのは旅のベースとなる宿です。
ソウルの宿にはなかなか泊まる機会がなかったのですが、自信を持ってお勧めできるゲストハウスがあります。

 

それはウーフコリアゲストハウス(WWOOF Korea guest house)です。
アクセスは地下鉄3号線の「安岩(アングク)駅」から徒歩5分です。

          

ここはソウルの北村マウルという韓国の伝統的な韓屋(ハノク)並ぶ町の中にあり、このゲストハウスも韓屋です。
このゲストハウスには日本人のスタッフが対応してくれるので韓国語ができなくても心配ないです。とても親切でおもしろくソウルの穴場スポットも教えてくれるはずです!

 

では出発です!

 

 

<1日目>
ソウル到着後ゲストハウスにチェックインした後は北村韓屋マウルを散策しましょう!
   

ここは韓屋のかわいい雑貨屋さんやおしゃれなカフェが立ち並びます。最近では韓屋のゲストハウスも増えています。
この北村マウルの近所には仁寺洞(インサドン)という骨董品やおもやげが売ってるお店が立ち並ぶエリアがあったり、昔の王朝の宮殿であった景福宮(キョンボックン)等が徒歩で行けるのです!

 

歩き疲れたらおやつタイム!という事で、2つのおやつを紹介します。

 

○おやつ○

 1つ目は暑い夏におすすめ!パッピンスというかき氷です!

 

 

 

2つ目はアツアツのホットクです!

 

あとは食べ歩きなんかしたりしておいしいものを食べながら観光していたらだんだん暗くなってきて夕食の時間になりました。

 

 

○晩御飯○
向かう先はソウルの4号線の「恵比(ヘファ)駅」から歩いて15分のところにある洛山公園の入り口近くにある蔘鷄湯(サムゲタン)がおいしい食堂です!

サムゲタンとは鶏丸ごと1匹の中にもち米、高麗人参、漢方、松の実等の体にやさしい具が入っています。
薬膳料理といわれるだけあって食べたら不思議と元気になります。
一見冬に食べる料理のように思うのですが、韓国では夏によく食べます。夏バテした時、暑い日が続く時に食べるのです。「熱には熱を」とよく聞ききました。

お腹いっぱいになった後は、ソウルの夜景を見に行きましょう!次に向かう先は駱山公園(ナクサンコンウォン)です!
昔々、ソウルの都市は城壁で囲まれていました。そしてその城壁の東西南北の4つに門を構えました。それが今でも残っている有名な東大門や南大門です。
同じように城壁も残っているのです。

 

 

洛山公園はその城壁がある公園で、夜になると城壁の上に登ってカップルや友達同士で座って夜景を見ながら語り合っている人々がたくさんいます。
   
城壁に座りながら見るソウル夜景は絶景です!
ただ、城壁までずっと急な坂道があるので歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

またまた何か食べたいなぁと思ったら帰り道にパジョン(チヂミ)withマッコリを食べにいきましょう!

特に雨の降る日に多くの韓国人が思い浮かぶ食べ物・・・それはパジョンとマッコリです!
なぜでしょうか。。ある人が雨の音がパジョンを焼く時の音に似ているからかもしれないと言っていました。
おすすめのお店は恵比駅の成均館大学の近くの路地裏にあるパジョン屋さんです。
普通にパジョンを焼いた後、ぐっちゃぐっちゃに混ぜます。(飛び散りやけど注意) ここの海鮮チーズキムチ味が最高においしいです!

さて、お腹もいっぱいになったことやし夜はゆっくり韓屋でリラックスしましょう~

 <2日目>
○朝ごはん○
朝ごはんはゲストハウスで自由に食べれる手作りパンを食べるのもよし!
近くの食堂でキンパを食べるのもよし!です。
キンパとは韓国風海苔巻きです。朝ごはんや軽食に食べることも多々あります。

さて2日目に私がおすすめしたい穴場スポットは、ソウルの端にある北漢山(プッカンサン)です。

   
ソウルからアクセスは簡単でソウル中心から地下鉄で40分程で最寄駅に着くので手軽にソウルで登山を楽しめます。
山に入る前に準備する韓国ならではのものがあります。
それは、マッコリです!!
韓国でびっくりしたことの一つ、登山の時に水よりも飲むもがマッコリ(お酒)だったことです。
韓国人のみんなは絶対に持ってます。休憩の時に飲みます!おなかがいっぱいになるし、疲れも取れるからでしょう。。
    
 
○昼ごはん○
山登りの休憩でおなかが空いたら食べるものはおにぎり!ではなくキンパ!です。

ソウルの絶景を見ながらのマッコリとキンパは格別においしいです

山登りで何よりも楽しいことは地元のおじちゃん、おばちゃんと仲良くなれることです。
道を教えてもらったり、マッコリを飲めと言ってくれたり、いい絶景スポットに連れて行ってくれたりといろんな人に出会って触れ合うことができます。
言葉が分からなくても山ではそんなに関係ないと思います。

思う存分山登りを楽しんだ後は暗くならないうちに下山しましょう

そしてお腹が空いたので晩御飯!
○晩御飯○
韓国といえばお肉です!
その中でも私が大好きなお肉はカルメギサルです。
私はよく「ソレ」というお店で食べていました。チェーン店でいろんな所にあります。
これは豚肉で横隔膜と肝の間の部位らしいです。500g(約2人前)で14000ウォン(約1200円)です!
あっさりのタレに生の玉ねぎをどっさり入れて一緒に食べます。歯ごたえがり、あっさりと食べる事ができます。
もちろんソジュという韓国の焼酎と一緒に。。
しめはご飯とチゲです!
旅の最終夜は疲れたからだを癒すためにチンヂルバンに行きましょう。
チンヂルバンは大きいサウナと共有スペースと銭湯がついた場所です。
共有スペースにはみんな寝転がっていたり、話をしながらおしゃべりをしていたりする人がいます。
食堂やコンビニもあります。
中でもチンヂルバンに行くと必ずと言っていいほどよく食べるのが薫製卵シッケ(甘酒みたいなもの)です!

そしてチンヂルバンならではの頭のタオルの巻き方というのもあります。

充分に疲れもとれ癒されたらぐっすり寝れることでしょう~

 

 

 

 

<3日目>

 

さぁ、最終日はおみやげ等を買いに行きましょう。
既製品はロッテマートEマートという大型スーパーマーケットで買うのがいいかもしれません。
でも生物や韓国ならではのローカルなものが欲しい、見たい!という方には市場に行くのをおすすめします。

一つ目は東大門の近くにある広蔵市場(クァンジャンシジャン)
とても大きい市場で観光客の方々もちらほらいます。
観光地だけあって値段は少し高めかもしれません。でも細い路地等を散策したら自分だけのお気に入りのお店が見つかるかもしれません。

二つ目は京東市場(キョンドンシジャン)

地下鉄1号線祭基洞(チェギドン)駅を降りるとすぐに市場が見えます。おじいさんおばあさんで賑わっています。
特に韓薬が有名らしいので変わった薬草の専門店が立ち並ぶエリアもあります。

   

 

 

 

○最後の晩餐○

<最後の晩餐>

 

 

 

旅の最後の食事は韓定食で締めくくりましょう!
地下鉄4号線の「恵比(ヘファ)駅」近くの「トブロハムケ」という食堂では2人前で24000ウォン(約2000円)でいろいろなおかずが少しずつ味わえます。

しっかり買い物も食事も済ませたらもう思い残すことはないでしょう!
これにて二泊三日のソウルの旅終了~!

 

 

紹介した観光スポットや食べ物以外にもまだまだたくさんのおすすめがあります。
また、ソウルだけではなく地方にもおもしろスポットがたくさんあるのでそれもまた見所です。

“ちょっと穴場なソウル”いかがでしたでしょうか?
みなさんも自分だけの穴場を探して新しいソウルを発見してください!

それでは楽しい旅を!
カムサハムニダ~

 

 

 

 

 

 

 

10月 15th, 2013 | 6) 全国の旅情報/ Traveling in Japan, 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

まっちゃんの弾丸香港旅行

こんにちわー

ゲストハウスてんの受付スタッフ、まっちゃんです!!
今回は僕が最近弾丸(二日間)旅行した香港について知っていただこうと思います。

 

~Local Food~

僕の一番の目的は何と言っても、、、、もちろん、、、、、!!料理!!

ちなみに僕が言う料理は屋台で食べる安くておいしいローカルな料理ですね。特に点心は試して欲しい!!

 

 

鮮蝦餃(海老蒸しシュウマイ)

 

チャーシューまん

 

小籠包はMUST

基本的にはどこの屋台でも食べることが出来ます。

 

また屋台スイーツの雞蛋仔(ガイダンザイ)

卵タルトも一度お試しあれ!!

ガイダンザイはお店の人に頼んで、できたてを頂くのもアリです。

 

 

僕のお勧めのお店としては、

「添好運點心專門店」…ミシュラン一つ星の飲茶(やむちゃ)のレストラン☆。

酥皮叉燒包(メロンパンの中にチャーシューが入っている斬新なおいしさ)が有名。

枸子桂花糕(クコときんもくせいのゼリー寄せ)も有名。

http://www.hongkongnavi.com/food/579/

 

「許留山」…マンゴープリンやマンゴーシェイクのデザートが有名。

http://www.hongkongnavi.com/food/28/

 

 

 

~Shopping~

もしショッピングのために香港に行かれるのであれば、旧正月三週間前に行きましょう。この時期は大セールを行っているため、ブランド品でも安く買うことが出来る可能性があります。場所はSOGO、タイムズ・スクウェア(Causeway Bay)、ハーバーシティ(Harbour City/海港城)【尖沙咀(チムサアチョイ)近く】などなど。香港ブランドのものを買いたい!!という人には、「i.t」「I.T」が女性にお勧めです!!

ただ旧正月に入ってしまうと多くのお店が正月休みで閉まってしまうのでその点は注意しましょうね。

 

 

~other things to do~

もちろん食べ物だけでなく、「100万ドルの夜景」「東方の真珠」と言われるヴィクトリアピークからの夜景やシンフォニー・オブ・ライツも香港の見所です。

 

 

~Airline and hostel~

関西からであれば、Airline Peachが一番安いです。ちなみに早く予約すれば往復18000円くらいでいけますよ!!行くっきゃないですね笑

ただ時間帯が関西空港21:10発の香港空港00:35到着の便しかないため、空港からセントラルに出ている終電(00:48)(MTRという名前の電車)に間に合わなかったら、バスを使わなくてはいけません(ギリギリ電車に乗れる可能性あります)。バスを使用する場合はE23のバスでセントラルに行けます。

ちなみにゲストハウスはHakkas Guesthouseというゲストハウスのツインルームに泊まったんですが、セントラルに近く、かつJordan駅を降りてすぐ目の前!!部屋自体もきれいで、清潔です。

http://www.hakkas.hostel.com/

 

 

もし香港に行く機会があれば、これらのことを頭の片隅においてくれていたら、幸いです!!

 

まっちゃんでした!!

 

2月 25th, 2013 | 5) 世界の旅情報/ Traveling around the world, 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

いこまの山のこと

春がなかなか来ない!ってことで
先月、寒さに負けながらも生駒山にハイキングに行ってきました。

 

生駒山といえば、おなじみの生駒山上遊園地が山の上にあり
わざわざ自分の足で登らなくても、350円払えばロープーウェイであっちゅーまに
たどりつくことができます。
それでも自分の足で登りたいっていう人があんなにたくさんおるわけですね。

 

いっぱいコースもあって山中の道も立派に整備されていて、まさにハイキングのための山。さほど険しくないのでおしゃれな短いスカートはいた山ガールにもぴったりなのです。

 

今回は近鉄枚岡駅から登る摂河泉展望コースへ(せっかせんと読みます)。
ikoma1

 

登山口にある立派な神社でお参り後
軽く登って展望台

 

IMG_7044

順調に登っていってるかと思いきや 
いつの間にか別のコースに入ってしまっていました。

 

ま、2コース分を歩けて得したかんじやしええかってことで
進んでいった道中には生駒名物の暗峠(くらがりとうげ)。
暗峠
なぜ名物かというと道が狭すぎて車が対抗できる幅がない。そして傾斜もなかなか。のに、けっこう通る。
この道を通らないとたどりつけない地域があるんだとか。
もう名物すぎて、今さら道の幅を太くしたりはしないのかも。。

その名前のせいでもっと怖いところかとずっと想像してましたが
お店やおうちもたくさんあって、石畳がすてきな場所でした。

 

峠の茶屋 すえひろのお庭のテラスでお昼ごはん
すえひろ

登山中にあんな立派なお食事をレストランで食べることができるなんて、、
ほんとハイカーにやさしい山。

婦人会のようなおばさまたちがたくさん働いておられました。

 

途中省略

 

気づいたらいきなり生駒山上遊園地の中。いきなりすぎてよく現実が理解できないです。入場券いらないようです。
R0009255

 

そして頂上はSL列車のレールの中にあります。(まじで)
 07

 

帰りは、友人がどうしてもニャンコのケーブルカーに乗りたいというので
余裕の下山
IMG_3050

山のぼり中の写真はまったくありませんです。

そして下山後にはお決まりのお風呂へゴー
バブル全盛期のにおいがたまらない石切温泉・ホテルセイリュウ。結婚式場も備わってバッチグーな設備。

温泉は千円とちょいたかですが、タオルとか貸してもらえます。

 

今回のコースはのんびり歩いて片道3時間程度。
生駒山は大阪市内からは車でもすぐで、難波から電車で20分くらいで行けてしまうのです。
大阪に観光に来てみたけど何もすることないよ~
もう大阪でこれ以上行くとこないわぁ
って方、いっぱいおられますよね。
そんな方には、旅先での気軽な半日ハイキングもおすすめです。
生駒だけじゃなくて神戸方面もたくさんいいコースありますよ◎

わざわざ行きたいようなすてきなお店もたくさんあります。
長くなっちゃいますが、せっかくなのでいくつかご紹介します。


グリーンテラス
green terace
オーガニック野菜の創作料理
奈良県生駒市門前町19-59
090-3485-9293

 

山岡ピザ (YAMAOKA PIZZA)
yamaoka
ここはファンが多いですね。石窯焼きピザやさん。要予約です。
奈良県生駒市鬼取町455
0743-77-0511

 

スリランカ料理・ラッキーガーデン
lucky garden
畑の野菜とハーブを使ったスリランカ料理
水・土・日曜にラッキーガーデン前の納屋で野菜を販売(ラッキーファーム)
奈良県生駒市鬼取町168
0743-77-7936

 

自然菜食カフェ・ナイヤビンギ
ナイヤビンギ
宝山寺参道沿い。個室がうれしい、テラスも素敵。料理もおいしい。
奈良県生駒市門前町12-9
0743-73-0805

 

ケリノス ギャラリー カフェ
ケリノス
生駒山有機野菜のマクロビランチ。宝山寺の近くにあります。
奈良県生駒市門前町23-5
0743-73-1933

 

手打ちうどん・風舞
うどん
昔ながらの民家を利用した建物です。暗峠にあります。
奈良県生駒市西畑町487-1
0743-77-8060

 

三たて蕎麦 春知
 そば
とてもかわいい古民家のおいしいお蕎麦屋さん
奈良県生駒市大門町555
TEL:0743-76-7674

 

茶がゆ 鬼の茶屋にしもと
320x320_rect_3786565
山岡ピザのすぐ近く。野菜も買えます。
奈良県生駒市鬼取町413
0743-77-8476

4月 17th, 2012 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff

東風吹かばにほひおこせよ梅の花!

2月も中旬になると梅の季節ですねー!
今は花見といったらもっぱら桜の花ですが、奈良時代くらいまでは花見といったら梅の花だったようです。
ウィキペディアに書いてありました。

今回大阪の梅の名所をまとめました!みなさんお友達とかをおさそい合わせの上、是非梅を愛でて春の訪れを感じましょう♪

■大阪城公園梅林
  大阪市内最大規模の梅林で、その数約98種1,250本。これらの梅林はわざわざ見上げなくともいいよう、低く低く、横へ横へと剪定しているそうです。
1/28よりレストハウスの売店営業と『梅と庭木の無料相談』、梅木の展示即売会が開始。(3/20までの予定)
今年の開花は例年に比べて2週間から3週間程遅れているようです。
蝋梅と初雁が見頃。冬至梅は今日現在2~3部咲程度。寒紅梅、八重野梅、一重野梅といった早咲き種たちも次第に花数が増えているようです。

ちなみに料金は無料。
見頃は2月中旬から3月上旬だそうです。
12-L

■てんま天神梅まつり 大盆梅展~天神様と梅~
  参集殿にて樹齢200年を超す古木や、50鉢以上の名木、大阪天満宮所蔵の宝物が展示される、関西最大規模の盆梅展。22~26日の5日間は18:00-20:00迄夜間拝観も行われ、26日は勧進御能を開催。また境内では梅をとり入れた軽食をとれるオープンカフェをオープン。日本一の梅酒を選ぶ選考会が行われる梅酒市、梅をモチーフにしたさまざまなお土産物を取り揃えた梅まつり土産販売もオープン。梅のあま~い香りにたっぷり包まれてください。

9:00~16:00まで入場受付(16:30閉場)。
料金は大人500円、小学生300円。
開催地は大阪天満宮。
5872-L

■道明寺天満宮梅まつり
ご心霊をお慰めするために約1万坪の境内に植樹されている紅白約80種800本の梅樹は、一般参詣者に広く開放されており、期間中の奉納行事や野点も楽しめます。また2/25の10:00~は梅花祭を執り行い、道真公のご神霊を慰める為、梅の花を供えるそうです。

場所は道明寺天満宮。
梅園拝観料:大人300円、中学生以下無料。
野点(期間中の日曜日10:00~15:00)400円、
菅公遺品特別公開拝観料(期間中土・日・祝)/大人300円、小人100円 。
5877-L

 天満宮で梅まつりが多いのは奉られてる菅原道真くんが梅を大好きだったからだそうです。
ウィキペディアに書いてありました!

2月 11th, 2012 | 未分類 | posted by guesthouse_u-en _staff